コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムプマランガ州(読み)ムプマランガ(英語表記)Mpumalanga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムプマランガ〔州〕
ムプマランガ
Mpumalanga

南アフリカ共和国北東部の州。州都はネルスプロイト。東でモザンビークスワジランドに接する。1994年トランスバール州を分割し,東トランスバール州として新設。翌 1995年現州名に改称。西部に標高 1200~1800mの内陸高地草原(ハイベルト),東部に標高 2300mをこえるドラケンスベルク山脈,北東部に広大な内陸低地草原(ローベルト)が広がる。リンポポ川の支流が干上がってできた土地が州域の大部分を占める。年平均気温はハイベルトで 16℃,亜熱帯に属するローベルトで 23℃。バンツー諸語を話すングニ諸族スワジ族ンデベレ族を含む)を主とした黒人が人口の約 9割を占め,そのほとんどが農村部で暮らす。白人は約 1割で,おもにアフリカーンス語を話す。トウモロコシ,コムギ,果物などの栽培および牧牛,牧羊などの農牧業が広く営まれる。石綿,銅,鉄鉱石,プラチナなどの鉱物資源も豊富。中心都市はネルスプロイトとウィトバンク。モザンビークとジンバブエにまたがるグレートリンポポ国境地帯公園の一部をなす,クルーガー国立公園の南半分を有する。面積 7万9490km2。人口 350万8000(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android