コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラセン山 ムラセンさんMulhacén

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラセン山
ムラセンさん
Mulhacén

スペイン南部,アンダルシア州,グラナダ県にあるネバダ山脈最高峰イベリア半島の最高峰でもある。標高 3478m。万年雪をいただく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラセン山
むらせんさん
Mulhacn

スペイン南縁部、シエラ・ネバダ山脈中にあるイベリア半島の最高峰。標高3482メートル。同山脈の雪線高度は3100メートル以上で、山頂は万年雪に覆われている。氷期には雪線高度は2000メートル近くまで下降したと考えられ、カール(圏谷)やモレーン(氷堆石(ひょうたいせき))などの氷河地形が山腹に残存する。1754年アントニオ・ポンスが初登頂。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムラセン山の関連キーワードシエラ・ネバダ山脈(スペイン)シエラ・ネバダ[山脈]シエラネバダ山脈ベティカ山系シエラネバダスペイン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android