コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラセン山 ムラセンさん Mulhacén

2件 の用語解説(ムラセン山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラセン山
ムラセンさん
Mulhacén

スペイン南部,アンダルシア州,グラナダ県にあるネバダ山脈最高峰イベリア半島の最高峰でもある。標高 3478m。万年雪をいただく

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラセン山
むらせんさん
Mulhacn

スペイン南縁部、シエラ・ネバダ山脈中にあるイベリア半島の最高峰。標高3482メートル。同山脈の雪線高度は3100メートル以上で、山頂は万年雪に覆われている。氷期には雪線高度は2000メートル近くまで下降したと考えられ、カール(圏谷)やモレーン(氷堆石(ひょうたいせき))などの氷河地形が山腹に残存する。1754年アントニオ・ポンスが初登頂。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムラセン山の関連キーワードグアディクスタリファロンダアルバイシンアンダルシアアルコスデラフロンテラサクロモンテピレタ洞窟アンダルシア協奏曲アンダルシア風

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone