コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタタングステン酸塩 メタタングステンさんえんmetatungstate

世界大百科事典 第2版の解説

メタタングステンさんえん【メタタングステン酸塩 metatungstate】

タングステン酸が縮合してできるポリタングステン酸の一つのメタタングステン酸の塩。一般式MI6[H2W12O40]・nH2O(MI2O・4WO3nH2Oとも書ける)。古くはMI10[H2(W2O7)6]のように書かれたこともある。同じ組成のMI3[W6O21]を擬メタタングステン酸塩と呼ぶこともある。多く無色の,水に可溶の結晶。水溶液は冷却すると結晶しやすく,濃縮するとシロップ状になる。アンモニウム塩,アルカリ金属塩などは水に易溶,鉛(II)塩,水銀(II)塩などはきわめて難溶である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android