コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複分解 フクブンカイ

百科事典マイペディアの解説

複分解【ふくぶんかい】

2種の物質が互いに反応して,その成分を入れ替え,新しい2種の物質を生ずる反応。たとえば, NaCl+AgNO3→NaNO3+AgCl

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくぶんかい【複分解】

二種類の化合物が、互いの成分を交換して別の二種類の化合物を生じる反応。塩化ナトリウム水溶液に硝酸銀を加えると、塩化銀の沈殿と硝酸ナトリウムを生じる反応などはこの例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

複分解
ふくぶんかい
double decomposition

2種の類が互いに成分イオンを交換して新しい塩類を生じる反応。たとえば、塩化ナトリウムと硝酸銀から、硝酸ナトリウムと塩化銀の生じる反応である。
  NaCl+AgNO3→NaNO3+AgCl
一般にAB+CD―→AD+CBの形式をとる反応を複分解というので、有機化学におけるエステル化、あるいはエステル交換反応までを含めることもあるが、通常は無機塩類にのみ限られる。生成物質の一つが沈殿となって除かれる場合には反応の進行が容易となる。ソルベー法における重炭酸アンモニウムと塩化ナトリウムからの炭酸水素ナトリウム(重曹)の合成など、まさに複分解の利用である。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

複分解の関連キーワードリヒター(Jeremias Benjamin Richter)グラウバー(Johann Rudolph Glauber)過塩素酸アンモニウムヨウ素酸(沃素酸)ベルトレーの法則塩化アンモニウムホワイトカーボン水酸化リチウム水酸化バリウム塩素酸カリウム水酸化カリウム硫酸カルシウムイオン交換樹脂ソルボリシスハロゲン化物酢酸エステル二酸化ケイ素硝酸バリウム硫酸カリウム金属せっけん

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android