コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタバシス metabasis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタバシス
metabasis

「移行」の意のギリシア語。生成の類語として,あるいは自然的事物の内在的構成要素の他の要素への移行や,悲劇などでミュトスの展開などの意に用いられる重要な概念。特に論理学上メタバシスといわれるときは,アリストテレスが初めて用いた言葉 metabasis eis allos genos (他の類への移行) を意味し,論証の過程で当然問題とすべき概念や対象を取扱うことなしに,他の類や他の領域に属する概念にとりかかる論理学的誤謬のこと。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android