コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトロドロス Mētrodōros; Metrodorus of Chios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メトロドロス
Mētrodōros; Metrodorus of Chios

前4世紀頃のギリシアの哲学者。キオスのメトロドロスと呼ばれる。デモクリトスの弟子。師の原子論とエレア派の存在論との調和を試みた。『自然について』 Peri physeōsを書く。

メトロドロス
Mētrodōros; Metrodorus of Lampsacus

前5世紀頃のギリシアの哲学者。ランプサコスのメトロドロスと呼ばれる。アナクサゴラスの弟子。ホメロスの『イリアス』の比喩的解釈をしたと伝えられる。

メトロドロス
Mētrodōros; Metrodorus of Lampsacus

[生]前330頃
[没]前278/前277
ギリシアの哲学者。ランプサコスの小メトロドロスと呼ばれる。エピクロスの弟子で親友。常にエピクロスとともにあったといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メトロドロスの関連キーワードエピクロス主義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android