メハサンダ遺跡(読み)メハサンダいせき(英語表記)Mekhasanda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メハサンダ遺跡
メハサンダいせき
Mekhasanda

パキスタン,マルダン地区シャーバズガリ北方のチャナカデリ遺跡の脇の山腹にある仏教寺院址。 19世紀末に A.フーシェが調査しているが,1962~67年には京都大学が発掘調査を行なった。中央尾根上の台地に塔院があり,それに接して会堂,厨房などの施設があり,さらに下方には僧院が点在する。塔院は大塔のまわりに供養小塔,その四周祠堂が並び,塔院の前方の参道石段の左右にも祠堂列がある。おもな遺物は石彫とスタッコの仏像,菩薩像,建造物の装飾部分である。3世紀中頃の創建で,4世紀末まで増築が行われたと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android