メラネシア諸語(読み)メラネシアしょご

百科事典マイペディア「メラネシア諸語」の解説

メラネシア諸語【メラネシアしょご】

ポリネシア諸語とともにアウストロネシア語族オセアニア(東方)語派をなす諸言語。チャモロ語マリアナ諸島),パラオ語,カロリン諸島のヤップ語等を除くミクロネシアの諸言語,ニューアイルランド島,ビズマーク諸島,ニューブリテン島ソロモン諸島ニューヘブリデス諸島フィジー諸島,ニューカレドニア島等,メラネシアの諸島の大部分の言語が含まれ,その東部はポリネシア諸語の分布と接する。
→関連項目ミクロネシア諸語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のメラネシア諸語の言及

【オセアニア語派】より

… ミクロネシア諸語(いわゆるミクロネシア地域に行われる言語の意。以下,メラネシア諸語,ポリネシア諸語も同様)では,ギルバート語,マーシャル語,ナウル語,トラック語,ポナペ語など十数の言語がこのオセアニア語派に属するが,チャモロ語(マリアナ諸島),パラウ語,ヤップ語はインドネシア語派に属する。メラネシア諸語では,モトゥ語(ポート・モレスビー周辺),トライ語(ラバウル周辺),ハリア語(ブーゲンビル島),南エファテ語(バヌアツ共和国ポートビラ周辺),デフ語(ローヤルティ諸島リフ島),フィジー語Fijianなど数百の言語がやはりこの語派に属するが,ニューギニア島の内陸部と南岸部に分布する多くの言語はアウストロネシア語族にも属さない。…

【メラネシア人】より


[言語]
 言語はインドネシア語,ポリネシア諸語とともにアウストロネシア語族(南島語族,マレー・ポリネシア語族)に属する。ニューギニアのメラネシア諸語は,異系のパプア諸語をはじめマレー語系の影響をうけているため方言の分化が著しく,同一言語を話す言語集団が小さいのも特徴である。パプア・ニューギニアでメラネシア諸語を話す人口は全人口の15%である。…

※「メラネシア諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android