コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリケンカルカヤ Andropogon virginicus L.

1件 の用語解説(メリケンカルカヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メリケンカルカヤ【Andropogon virginicus L.】

日当りのよい草地や鉄道の沿線に見られるイネ科の多年草北アメリカ東部およびカリフォルニアからメソアメリカにかけて分布し,日本へは1940‐41年ころに入って帰化植物となった。叢生(そうせい)して小さな株を作る。茎は高さ50~90cm,上半部でよく枝分れして,葉腋(ようえき)に花序をつける。葉は2列に並び,線形,長さは30cmくらい,幅は2~5mmで,葉の表の基部に向かってまばらに長毛があり,茎の基部を包む葉鞘(ようしよう)は左右から扁平になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone