コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリケンカルカヤ Andropogon virginicus L.

世界大百科事典 第2版の解説

メリケンカルカヤ【Andropogon virginicus L.】

日当りのよい草地や鉄道の沿線に見られるイネ科多年草。北アメリカ東部およびカリフォルニアからメソアメリカにかけて分布し,日本へは1940‐41年ころに入って帰化植物となった。叢生(そうせい)して小さな株を作る。茎は高さ50~90cm,上半部でよく枝分れして,葉腋(ようえき)に花序をつける。葉は2列に並び,線形,長さは30cmくらい,幅は2~5mmで,葉の表の基部に向かってまばらに長毛があり,茎の基部を包む葉鞘(ようしよう)は左右から扁平になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メリケンカルカヤの関連キーワード刈萱・刈茅・苅萱・苅茅日当り

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android