コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メレンドルフ メレンドルフ Möllendorff, Paul Georg von

2件 の用語解説(メレンドルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メレンドルフ
メレンドルフ
Möllendorff, Paul Georg von

[生]1848. ゲルリッツ
[没]1901. 寧波
ドイツの東洋学者。 1869年以来,清国の税務司として中国,朝鮮の各地に勤務し,駐天津ドイツ領事をもつとめたことがある。著書には"Manual of Chinese Bibliography" (1876) などがあるが,なかでも"A Manchu Grammar with analysed texts" (92) は,現在にいたるまで満州語の入門書としての地位を保っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メレンドルフ【Paul George von Möllendorff】

1848‐1901
ドイツの外交官,東洋学者。漢字名は穆麟徳。メルレンドルフともいいならわす。ハレ大学で法律,東洋諸語を学んだあと1869年に清国へ渡り,各地の海関に勤務,天津・上海のドイツ副領事をつとめた。82年李鴻章の推薦で朝鮮政府の外交顧問となり,主として海関業務を担当したが,ロシアとの接近策をすすめたため李鴻章と対立し,85年に解任された。以後,清国に戻って言語研究に力を入れ,《満語文典》(1892)や《満文書籍解題》などを著し,寧波(ニンポー)で死んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メレンドルフの関連キーワードオット外交官西ドイツルコック統一ドイツ井上勝之助ジーモン武内竜次リュッケルト国際東洋学者会議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone