コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンチュウ Menchú, Rigoberta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンチュウ
Menchú, Rigoberta

[生]1959.1.4. サンミゲルデウスパンタン
グアテマラの,先住民族の人権擁護活動家。キチェ・マヤ族の農家に生まれ,農民統一委員会 CUCの指導者であった父の影響を受けて活動に参加。一方インディオの現状を外の世界へ伝えようと,働きながらスペイン語を学んだ。 1979~80年,弟や両親を相次いで政府軍に虐殺され,1981年メキシコに亡命。以後国際連合などで,先住民族の自決権や固有文化の尊重を訴え続ける。 1983年,人類学者 E.ブルゴスによって聞き書きされた自伝『私の名はリゴベルタ・メンチュウ』を出版。初めてのインディオ女性の生の声として,10ヵ国以上で翻訳・出版され,大きな反響を呼ぶ。 1992年,コロンブスのアメリカ大陸到達 500周年に対し,抗議運動を繰り広げた。 1992年ノーベル平和賞受賞。先住民族の問題に世界の目を向けさせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メンチュウの関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android