コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メートシップ mateship

翻訳|mateship

1件 の用語解説(メートシップの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メートシップ【mateship】

開拓期のオーストラリアに培われた気風。いわばアメリカフロンティアスピリットにあたる。元来は結束して官憲に対抗した流刑囚の気風から生まれ,さらには苛酷な風土に挑むうえで共同作業が不可欠という背景の下に,開拓者,渡り労働者,ゴールドラッシュ時の金鉱掘りの間で,〈1人よりは2人がまし〉という気風が定着した。この気風は労働運動や軍隊組織と結びついて近代的に拡大された。フロンティア・スピリットの突進力に比べてメートシップは防御的,閉鎖的で,この気風がアジアに向けられたとき,白豪主義に悪しき結実をみせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone