コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メービウス メービウス Möbius

2件 の用語解説(メービウスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

メービウス(Möbius)

メビウス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メービウス【August Ferdinand Möbius】

1790‐1868
ドイツの数学者,天文学者ダンス教師の子として,ライプチヒ近郊で生まれた。1813‐14年にゲッティンゲン大学ガウスから天文学の観測と計算の指導を受け,彼の推薦で母校のライプチヒ大学天文台員として就職,終生そこを離れず,44年に力学および天文学の正教授,48年に天文台長となった。しかし彼は天文学よりは数学のほうに重要な貢献をした。とくに《重心算法》(1827)を著して,幾何学の問題を解析的に処理するために重心座標の概念を導入したのをはじめ,多くの新しいアイデアを提供して,射影幾何学の基礎づけの先駆をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のメービウスの言及

【幾何学】より

…その基礎は,非調和比が射影的性質であることや,射影幾何学の双対性を見いだしたJ.V.ポンスレによって築かれた。これを継承して,シュタイナーJ.Steiner(1796‐1863)は二次曲線や二次曲面も射影的に扱えることを示し,A.F.メービウスやJ.プリュッカーは座標を導入して射影幾何学を解析幾何学として建設し,またシュタウトK.G.C.von Staudt(1798‐1867)はデザルグの定理を基としてそれを総合幾何学として建設した。
[非ユークリッド幾何学]
 ユークリッドがあげた5個の公準のうち,第5番目のものは〈1直線が2直線と交わり,同じ側の内角の和が2直角より小ならば,2直線は限りなく延長するとその側で交わる〉と述べられている。…

※「メービウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メービウスの関連キーワードガウス祖沖之西ドイツヒルベルトフワーリズミーベッセルミンコフスキーメビウスランベルト統一ドイツ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone