コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクテスマ[1世] Moctezuma Ilhuicamina

世界大百科事典 第2版の解説

モクテスマ[1世]【Moctezuma Ilhuicamina】

?‐1469
メキシコに存在したアステカ帝国の第5代皇帝。在位1440‐69年。その帝位中,軍事的征服による帝国の拡張と,行政や社会機構の整備に貢献した。また1450年から55年にかけて大干ばつが起こった際,征服地から食糧を大量に運ばせたほか,神々の怒りをなだめるため,神々へのいけにえにする捕虜の獲得を目的とした〈花の戦争〉を制度化したことでも知られている。【高山 智博】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android