コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モグーリスターン・ハーン国 モグーリスターンハーンこく

1件 の用語解説(モグーリスターン・ハーン国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モグーリスターンハーンこく【モグーリスターン・ハーン国】

14世紀中葉~16世紀初頭,天山山中からセミレチエにかけての遊牧地帯モグーリスターンMoghūlistānを本拠に東トルキスタンを支配したモンゴル人の国家。モグーリスターンとは,〈モグール〉すなわち〈モンゴル人〉の土地を意味するペルシア語。モグール・ウルス,東チャガタイ・ハーン国ともいう。14世紀の40年代に,チャガタイ・ハーン国東西分裂の結果として成立した。 西チャガタイ・ハーン国では,王族らが急速に定住民化・イスラム化していったのに対して,この国のハーンたちは,シャマニズムの信仰とチンギス・ハーンの定めたヤサ(ジャサク)法の遵守を主張して,モンゴル遊牧民の伝統的生活を維持することに努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モグーリスターン・ハーン国の関連キーワードカラッチ上円下方墳チェロドイツ騎士団ポグロム中葉天山南路天山北路ジローナタラハシー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone