コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モジラ Mozilla

デジタル大辞泉の解説

モジラ(Mozilla)

ブラウザーや電子メールソフトなどの複数の機能をまとめたオープンソースアプリケーションソフトの一。米国旧ネットスケープコミュニケーションズ(現AOL)社のネットスケープコミュニケーターをベースとする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モジラ
もじら
Mozilla

高機能のウェブブラウザと電子メールソフトを中心とするオープンソース・ソフトウェア、およびその開発プロジェクトの名称。モジラ財団(Mozilla Foundation)が管理しているため、この財団や関連するプロジェクトをさす場合も多い。1998年に、ネットスケープ・コミュニケーションズNetscape Communications社が、ネットスケープ・コミュニケーターNetscape Communicatorという自社製品のブラウザを無償で配布するとともに、そのソースコードを公開したことからプロジェクトをスタートし、2002年にモジラ1.0を公表した。これはモジラ・ナビゲーターMozilla Navigatorというウェブブラウザを中核に、メールやニュースグループ、アドレス帳管理、チャット、ウェブページ作成などの機能ももつ。
 その後、モジラの開発は中断されたが、現在はモジラをベースとしたブラウザのモジラ・ファイアーフォックスMozilla Firefoxと、モジラからメール機能を切り分けたメールソフトのモジラ・サンダーバードMozilla Thunderbirdに引き継がれ、開発が続けられている。
 ちなみにモジラは、ブラウザの先駆けであったモザイクMosaicとゴジラGodzillaからきた合成語といわれている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モジラの関連キーワードニコル(Charles Jules Henri Nicolle)Mozillaファウンデーションオープンソースコミュニティー虫刺され(虫刺症/虫螫症)Google ChromeFirefoxOSファイアフォックスFirefox着物虱・着物蝨コロモジラミアタマジラミケジラミ症リケッチアヒトジラミHTML5発疹チフス人虱・人蝨吸血動物シラミ類メーラー

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モジラの関連情報