コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モジラ(英語表記)Mozilla

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モジラ
もじら
Mozilla

高機能のウェブブラウザと電子メールソフトを中心とするオープンソース・ソフトウェア、およびその開発プロジェクトの名称。モジラ財団(Mozilla Foundation)が管理しているため、この財団や関連するプロジェクトをさす場合も多い。1998年に、ネットスケープ・コミュニケーションズNetscape Communications社が、ネットスケープ・コミュニケーターNetscape Communicatorという自社製品のブラウザを無償で配布するとともに、そのソースコードを公開したことからプロジェクトをスタートし、2002年にモジラ1.0を公表した。これはモジラ・ナビゲーターMozilla Navigatorというウェブブラウザを中核に、メールやニュースグループ、アドレス帳管理、チャット、ウェブページ作成などの機能ももつ。
 その後、モジラの開発は中断されたが、現在はモジラをベースとしたブラウザのモジラ・ファイアーフォックスMozilla Firefoxと、モジラからメール機能を切り分けたメールソフトのモジラ・サンダーバードMozilla Thunderbirdに引き継がれ、開発が続けられている。
 ちなみにモジラは、ブラウザの先駆けであったモザイクMosaicとゴジラGodzillaからきた合成語といわれている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モジラの関連情報