コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モデル法 モデルほうmodel law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モデル法
モデルほう
model law

国際的に法の統一をしようとする場合,条約締結の方法によっては必ずしもその目的を達成できないことがある。そこで,ほかの手段として,特定の問題につき統一的な模範となりうるモデル法を作成し,各国の立法者が,そのなかから自国が必要と判断する規則を国内立法するという方法が考えられた。一例としては, 国連国際商取引法委員会 UNCITRALの 1976年第9会期において作成された「国際商事仲裁に関するモデル・ルール」UNCITRAL Arbitration Rulesがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モデル法の関連キーワード海洋の数値モデル分布交通量景気予測

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モデル法の関連情報