コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モナルキアニズム モナルキアニズムmonarchianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モナルキアニズム
monarchianism

2世紀末~3世紀における,三位一体に関するキリスト教の異端説。子なるイエスの位格 (→ペルソナ ) の神性を否定し,父なる神の位格にのみ神性を認めた。次の2種がある。 (1) 力本説的 キリストはただの人で,神の力に満たされたがゆえに神の子になったとする。大テオドトゥス,サモサタパウルスが主唱者。 (2) 様態論的 「父」と「子」とは,同一の神の別称にすぎず,「父」自身がキリストとなって受難したとする。プラクセアスが説き,テルトゥリアヌスがこれを反駁したが,のちにスミルナのノエトゥスの弟子たちによって支持された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モナルキアニズム【Monarchianism】

古代キリスト教会三位一体論のうちに現れた異端説の一つ。〈独裁神論〉または〈単一神論〉と訳す。ギリシア語monarchiaは独裁君主政体をいい,神の単一性と独裁を主張して,イエスは永遠の〈神の子〉ではなく,神に従属しその主権の下にあるとみなし,ロゴスの受肉もみとめない考え。最初はグノーシス主義をしりぞけて一神教を擁護する意図で主張されていたが,のちにアンティオキア学派では,イエスは元来〈神の子〉ではなかったが,神のデュナミス(力,霊)をうけて神の養子となったのだという〈養子説〉が主張された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のモナルキアニズムの言及

【キリスト論】より

…ユスティノス,オリゲネス,テルトゥリアヌスら多くの教父が,ストア学派やアレクサンドリアのフィロンのロゴス説を用いてこれを弁証した。しかし3世紀後半に入ると,主としてアンティオキア学派の中から〈モナルキアニズム〉が現れた。それは父なる神の独一の働きを強調するもので,〈養子説〉と〈天父受苦説patripassianism〉とがある。…

※「モナルキアニズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報