コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノグリセリド モノグリセリドmonoglyceride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノグリセリド
monoglyceride

グリセリンの3個の水酸基のうちの1個に脂肪酸がエステル結合しているもので,その結合位置により次の2種に分れる。 (1) α-モノグリセリド 1-グリセリドともいう。工業的には脂肪酸とグリセリンとを加熱して得られる。しかしこの方法では純粋なα-モノグリセリドはできにくいので,純品は1,2-イソプロピリデングリセリン-1-脂肪酸エステルを無機酸で処理することによって製する。 (2) β-モノグリセリド 2-グリセリドともいう。1,3-ベンジリデングリセリン-2-脂肪酸エステルを接触還元の条件下で処理することにより得られる。α体,β体ともに食品,化粧品の乳化剤に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のモノグリセリドの言及

【グリセリド】より

…グリセリンの3個の水酸基すべてが脂肪酸とエステルを形成したトリグリセリドは動植物脂肪の主成分をなす。グリセリンの2個の水酸基がエステル化したジグリセリド,1個の水酸基がエステル化したモノグリセリドも天然に存在するが,トリグリセリドに比べて存在比は小さい。グリセリンと結合する脂肪酸としては,ステアリン酸,パルミチン酸,オレイン酸などの高級脂肪酸が多い。…

※「モノグリセリド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モノグリセリドの関連キーワードアシルグリセロール栄養(人間)中性脂肪リパーゼ消化脂質膵臓

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モノグリセリドの関連情報