コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護基 ほごきprotecting group

世界大百科事典 第2版の解説

ほごき【保護基 protecting group】

水酸基,カルボニル基,アミノ基など反応性に富む官能基が分子内に含まれる場合,これらの官能基に影響を与えることなくある反応が行えるように,一時的にこれらの官能基を反応条件で化学変化を受けないような形にしておくことを官能基を保護するといい,保護した官能基を保護基と呼ぶ。保護された官能基は反応後,もとの形に戻されることもあれば,そのままで次の反応が行われることもある。【友田 修司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保護基の関連キーワードダブリューダブリューエフアクロス・ザ・ユニバースエジンバラ公フィリップレッド・データ・ブック生命保険契約支援制度世界自然資源保全戦略シリコン系高分子材料日本投資者保護基金日本自然保護協会知的財産戦略本部国際自然保護連合アジアゾウの減少世界野生生物基金秋篠宮文仁親王エディンバラ公最低限度の生活消費者基本法タイ国立公園ペプチド合成トラフィック

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android