コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヘンジョ・ダロ遺跡 モヘンジョ・ダロいせきMohenjo-Daro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モヘンジョ・ダロ遺跡
モヘンジョ・ダロいせき
Mohenjo-Daro

パキスタン,インダス川西岸のインダス文明の代表的都市遺跡。 1921~31年に J.マーシャル,E.マッケイらが調査。 1950年には,M.ホイーラーも調査。前 3000~2000年紀頃の城塞市街があり,前者は城壁に囲まれ,大浴場,穀物倉,僧院などがある。市街は道路,下水が整備され,家屋は煉瓦でつくられている。土器銅器,未解読文字を刻んだ印章石刃陶製の人像や動物像,玩具,装身具などの遺物がある。 1980年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モヘンジョ・ダロ遺跡の関連キーワードハラッパー遺跡カイルプールパキスタンインド建築ラルカナプール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android