コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴル細石器文化 モンゴルさいせっきぶんかMongolian microlithic culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴル細石器文化
モンゴルさいせっきぶんか
Mongolian microlithic culture

モンゴル高原に分布する細石器を伴う新石器文化。ユーラシア大陸の砂漠草原地帯に広く分布する細石器文化の東端と考えられ,前 2000~500年頃に活躍した狩猟,牧畜を主体とした遊牧民の文化とされている。この文化では,細石器とともに石棒石皿,環石などの磨製石器,さらに黒褐色の粗質土器,灰白色櫛目文土器などが若干使用されたが,土器の出土例は少く,また,住居址はほとんど確認されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モンゴル細石器文化の関連キーワードモンゴル高原

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android