コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーション・スタディ

人材マネジメント用語集の解説

モーション・スタディ

motion study
・アメリカのF.B.ギルブレスが発展させた研究で、「ギルブレスの動作研究」などとも呼ばれる。
・作業の中に含まれる動作のムリ、ムダ、ムラを排除し、仕事の価値を高め効率的に作業を行う方法を見つけ出すことを目的にしている。
・ギルブレスは探す、みつける、選ぶ、つかむ、など18の要素に細分化できるとして、様々な測定装置やフィルムを使って分析記録を行った。
・特に生産管理等の領域で業務・作業の標準化や標準時間を算出、改善を図るために用いられる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

モーション・スタディの関連キーワードギルブレスギルブレス加賀美剛臣科学的管理法農塚誓志小田篤史花村想太notenative是近敦之束縛運動

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android