モーリス シュヴァリエ(英語表記)Maurice Chevalier

20世紀西洋人名事典の解説

モーリス シュヴァリエ
Maurice Chevalier


1889.9.12.(8.12.説あり) - 1972.1.1
フランスのシャンソン歌手,俳優。
パリ生まれ。
少年時代から歌い始め、ミスタンゲットの相手役に抜擢された後、コンビで名をはせ、私生活では愛人関係にあった。第一次世界大戦後、カンカン帽蝶ネクタイをトレードマークに活躍し、1928〜35年にはハリウッドに招かれ、「今晩は愛して頂戴な」(’34年)、「メリー・ウィドー」(’34年)など44本の映画に出演し、国際的スターとなった。帰国後も、舞台や映画で華やかに活躍し、’68年80歳の時、パリのシャンゼリゼ劇場公演を最後に引退するまで、パリを象徴するエンターティナーとして活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

モーリス シュヴァリエ

生年月日:1888年9月12日
フランスのシャンソン歌手,俳優
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android