コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モール織 モールおりmole

翻訳|mole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モール織
モールおり
mole

シェニール織 chenilleともいう。緞子 (どんす) に似た紋織物で,16世紀インドのムガル帝国時代の原産といわれる。繻珍 (しゅちん) 織の紋様に,綿糸を経に粗くあしらい,平織に押えて,金銀糸 (モール糸) を織り込んだもの。江戸時代に日本に輸入され,女帯として流行した。装飾性をもつため,軍服の肩章襟章,礼服の付属品として,またテーブルセンター,ショール,婦人帽子,カーペットに使用する。経に絹糸,緯に金糸を用いたものを金モール,銀糸を用いたものを銀モールという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のモール織の言及

【モール】より

…莫臥児とも書き,モール織とモール糸とがある。織物のモールは紋織物の一種で,16世紀ころに舶載された金銀糸入りの外来の染織品。…

※「モール織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モール織の関連キーワードモール(手芸、織物)金モール・銀モールモール莫臥児

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android