ヤエヤマヒルギ(八重山蛭木)(読み)ヤエヤマヒルギ(英語表記)Rhizophora mucronata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤエヤマヒルギ(八重山蛭木)
ヤエヤマヒルギ
Rhizophora mucronata

ヒルギ科の常緑小高木で,マングローブの構成植物。熱帯アジアの河口など,泥土の堆積した海岸に群生し,日本では西表島など八重山諸島の海浜に自生する。高さ2~8mになり,幹の下半部から支柱根を出して泥土中に茂る。葉は枝先に集ってつき,枝の中ほど以下では落葉痕が目立つ。葉身は楕円形で長さ約 15cm,質が厚く光沢があってインドゴムノキの葉に似る。葉腋に短い花序を出し,黄白色で多肉質の花を数個ずつつける。萼片,花弁とも4枚で,萼片は花後も宿存する。果実は長めの球形であるが,樹上についたまま発芽し,長い棒状の胎生果実となって泥中に落下して生育する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android