コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤエヤマヒルギシジミ Geloina erosa; mangrove clam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤエヤマヒルギシジミ
Geloina erosa; mangrove clam

軟体動物門二枚貝綱シジミ科。長 8cm,殻高 7.5cm,殻幅 4cm。殻は丸みのあるハマグリ形で,厚く堅い。殻表は白色であるが,幼貝では黄緑色,成貝では黒色を帯びた殻皮をかぶる。内面は白色。殻頂の下に3主歯があり,その前後に側歯がある。名の示すようにヒルギ林 (マングローブ) 内の泥中にすむ。食用。奄美大島以南,東南アジアに分布する。リュウキュウヒルギシジミ G.expansaは本種に似るが,後背縁がややまっすぐで長い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤエヤマヒルギシジミの関連キーワード製材アンズタケ(杏茸)インコアナナスカラッパガンゼキラングリスボックシメジ(占地)内印ナメコ(滑子)ヒエガエリ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android