ヤエヤマヒルギシジミ(英語表記)Geloina erosa; mangrove clam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤエヤマヒルギシジミ
Geloina erosa; mangrove clam

軟体動物門二枚貝綱シジミ科。長 8cm,殻高 7.5cm,殻幅 4cm。殻は丸みのあるハマグリ形で,厚く堅い。殻表は白色であるが,幼貝では黄緑色,成貝では黒色を帯びた殻皮をかぶる。内面は白色。殻頂の下に3主歯があり,その前後に側歯がある。名の示すようにヒルギ林 (マングローブ) 内の泥中にすむ。食用。奄美大島以南,東南アジアに分布する。リュウキュウヒルギシジミ G.expansaは本種に似るが,後背縁がややまっすぐで長い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android