ヤシオネ(読み)やしおね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤシオネ
やしおね
[学]Jasione

キキョウ科の一、二年草または宿根草。ヨーロッパから地中海に約20種分布する。叢生(そうせい)し、草丈20~30センチメートルでよく分枝する。茎頂に密な頭状花序をつける。花冠は5裂し裂片は細長い。花色は白から青色。よく知られるのは次の各種である。フミリス種はピレネー原産の宿根草。7~8月に青色花を開く。モンタナ種はヨーロッパ南西部原産の一、二年草。6~7月に淡青色花を開く。ラエウィス種は南ヨーロッパ原産の宿根草。7~8月に青色花を開く。
 乾きぎみの日当りのよい所でよく育つ。アルカリ性土壌では生育が悪い。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android