ヤシオネ(読み)やしおね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤシオネ
やしおね
[学]Jasione

キキョウ科の一、二年草または宿根草。ヨーロッパから地中海に約20種分布する。叢生(そうせい)し、草丈20~30センチメートルでよく分枝する。茎頂に密な頭状花序をつける。花冠は5裂し裂片は細長い。花色は白から青色。よく知られるのは次の各種である。フミリス種はピレネー原産の宿根草。7~8月に青色花を開く。モンタナ種はヨーロッパ南西部原産の一、二年草。6~7月に淡青色花を開く。ラエウィス種は南ヨーロッパ原産の宿根草。7~8月に青色花を開く。
 乾きぎみの日当りのよい所でよく育つ。アルカリ性土壌では生育が悪い。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android