コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿根草 シュッコンソウ

デジタル大辞泉の解説

しゅっこん‐そう〔シユクコンサウ〕【宿根草】

冬に地上部は枯れて地下部が休眠状態で越冬し、春に再び生長・開花する多年草宿草(しゅくそう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

宿根草【しゅっこんそう】

多年生草本園芸用語で,冬季や乾季に一期間生育が止まり春や雨季を迎えて再び生活を始める植物のことをいう。種類により地上部に葉を残すものと,地上部が枯死するものがある。
→関連項目二年草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっこんそう【宿根草 perenial】

草本植物のうちで,長年にわたり生存する性質のあるものを一般には多年草と呼んでいるが,花卉園芸界ではそれを宿根草といいならわしている。宿根草はキク,キキョウなどのように,総じて冬には地上部が枯れても地下部は生き残っていて,春には根株が発育してくる。熱帯原産の植物は耐寒力が弱く,クンシランベゴニアなどのように低温では枯死するものが多い。また,ニチニチソウサルビアのように,温帯地方では一年草として取り扱われるが,熱帯地方や温室では枯死せず宿根草となるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅくこんそう【宿根草】

園芸で、多年草のうち、冬期に地上部だけが枯死して休眠し、春に再び生長するものをいう。宿草。しゅっこんそう。

しゅっこんそう【宿根草】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿根草
しゅっこんそう

冬には地上部の一部は枯れるが、地下部は休眠状態で越冬し、翌春ふたたび根茎から芽を出し、生育し開花(結実)することを繰り返す草本植物をいう。しかし、一部には地上部も枯死せず根出葉(ロゼット状)の姿で越冬するものもあり、これらを総合して多年草ともよんでいる。宿根草の生育期は主として春から秋にかけてであるが、夏の暑さに弱い(非耐暑性)山草類や、反対に低温に弱い(非耐寒性)熱帯産のものがある。
 花卉(かき)園芸では露地栽培を基準に、一、二年草、宿根草(多年草)、球根類というように区別しているが、これらは形態や生育特性、季節順応性などから区分したもので、植物分類学的な区別とは関係はない。
 宿根草の大きな特色としては、一、二年草のように毎年種子を播(ま)いて育てるのとは異なり、一度植え込んでおくことで数年間手数のかからないものが多い。また繁殖も容易で、種子以外に株分け、挿芽(茎、葉、根の部分)などの栄養繁殖ができる。
 宿根草には東洋原産のものが多く、日本産の草花類の多くは宿根草であるのに対し、一、二年草類は南アメリカ産、球根類の多くは地中海沿岸産というように地理的分布がみられる。日本でも北と南では気候的差があり、耐寒性と耐暑性の宿根草に区分できる。また冬季フレームなどですこしの防寒をすれば越冬できるものや、夏季遮光ネットで保護すれば暑熱を防げる宿根草もあるので、判然とは区別しにくいものもある。[堀 保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宿根草の関連キーワードアカバナジョチュウギクアイスランド・ポッピーイングリッシュガーデンケマンソウ(華鬘草)トラデスカンティアヒマラヤユキノシタバショウ(芭蕉)アーティチョーク多孔質栽培用土オーブリエチアフヨウ(芙蓉)ロドヒポクシスアニゴザンサスアカザカズラハートカズラモミジアオイセントウレアユウゼンギクアガパンサスハナトラノオ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿根草の関連情報