コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤッコカンザシゴカイ ヤッコカンザシゴカイ Pomatoleios krausii

3件 の用語解説(ヤッコカンザシゴカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤッコカンザシゴカイ
ヤッコカンザシゴカイ
Pomatoleios krausii

環形動物門多毛綱定在目カンザシゴカイ科。体長 1.5~3.5cm。体は胸部と腹部に分れ,頭端には多くの鰓糸から成る鰓冠と1個の殻蓋がある。鰓冠には,繊毛流を起して餌を集めることと,鰓として呼吸をすることの働きがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヤッコカンザシゴカイ【Pomatoleios kraussii】

多毛綱カンザシゴカイ科の環形動物陸奥湾以南から南半球メラネシア海域,南アフリカまで分布し,潮間帯の岩礁壁の日陰になるような場所に群生する。棲管(せいかん)は青色で,入口の上縁が前方に向かって三角形状に突出しており,また管の両側には細孔が1列に並んでいる。虫体は長さ15~35mm,体幅約2mmで,鰓冠(さいかん),胸部,腹部からなる。頭部前端の鰓冠には19~23対の鰓糸(さいし)があり,各鰓糸に3~5対の暗青色の眼点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤッコカンザシゴカイ
やっこかんざしごかい / 奴簪沙蚕
[学]Pomatoleios kraussii

環形動物門多毛綱カンザシゴカイ科に属する海産動物。陸奥(むつ)湾以南に広く分布し、ごく普通にみられる。潮間帯で岩の日陰になるような場所に重なり合って群生する。棲管(せいかん)は青色で、口の上縁が前方に向かって三角形状に突出しており、管の表面の両側には細かい孔(あな)が一列に並んでいる。虫体は長さ15~35ミリ、体幅2ミリ。頭部の前端には、20対ほどの鰓糸(さいし)からなる鰓冠があり、おのおのの鰓糸には、3~5対の暗黒色の眼点がある。殻柄は扁平(へんぺい)で、上端は翼状突起になる。殻の蓋(ふた)は扁平な杯状体で、上面は石灰質の薄い膜で覆われている。胴部は六剛毛節からなり、襟剛毛(えりごうもう)はない。腹部は多くの体節からなる。成熟期は5~10月。カサネカンザシゴカイのように、海中諸施設に付着して害を与えるようなことはない。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤッコカンザシゴカイの関連キーワードイバラカンザシゴカイタマシキゴカイ磯蚯蚓沙蚕玉敷沙蚕翼沙蚕クロムシカンザシゴカイゴカイ(沙蚕)ムカシゴカイ(昔沙蚕)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone