コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤノーシュ山 ヤノーシュサン

デジタル大辞泉の解説

ヤノーシュ‐さん【ヤノーシュ山】

János-hegy》ハンガリーの首都ブダペストの市街北西部に位置する山。標高は527メートルあり、ブダペストで最も高い。頂上まで登山鉄道と子供鉄道(運転士以外、子供たちが運営する軽便鉄道)、またはリフトで結ばれ、市街を一望できるエルジェーベト展望台がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ヤノーシュ山の関連キーワードハンガリー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android