ヤハズヒゴタイ(読み)やはずひごたい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤハズヒゴタイ
やはずひごたい
[学]Saussurea triptera Maxim.

キク科の多年草。茎は高さ30~55センチメートル、葉の基部から沿下した翼がある。根出葉や下部の葉には長柄があり、卵形または長卵形で、しばしば中裂する。8~9月、茎頂に小形の散房花序をつける。名は、葉の形を矢筈(やはず)に見立てたもの。標高2000メートルの亜高山帯の草原や林縁に生え、山梨県に分布する。本種に似ており、草丈がより低い変種をタカネヒゴタイ(シラネヒゴタイ)といい、南アルプスの高山帯の裸地に分布する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android