コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブカラシ Cayratia japonica (Thunb.) Gagn.

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブカラシ【Cayratia japonica (Thunb.) Gagn.】

道端や庭や畑の縁などに多いブドウ科多年生のつる性雑草(イラスト)。生長力が旺盛でこれがからまるとやぶでも枯れるというところから藪枯しの名がついたが,一名ビンボウカズラともいわれる。茎は巻きひげで,他物にからまって長く伸び,若い時は紅色を帯びている。葉は互生して巻きひげと対生する位置につき,鳥足状の5小葉をもった複葉である。花は小さく,7~8月ころ,集散花序をつくって開き,花弁は4枚,緑色で開くと脱落し,淡紅色の花盤が現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヤブカラシの言及

【薬用植物】より

…例えばアマチャヅル(ウリ科)はオタネニンジン(チョウセンニンジン,ウコギ科)と同類の成分を含むことが判明し,茶剤として薬用製品化された。また類似した形態を有するヤブカラシ(ブドウ科)は,このアマチャヅルと誤認されやすいため偽物が出回っているという。並木としても美しいイチョウは血管強化薬の原料として,葉が日本からドイツへ輸出されているし,ヤマノイモ類が性ホルモン製剤の原料としてインドネシアから日本に輸入されている。…

※「ヤブカラシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報