コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマボタル Cochlicopa lubrica; moss snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマボタル
Cochlicopa lubrica; moss snail

軟体動物門腹足綱ヤマボタル科。高 5mm,殻径 3.2mm。殻は黄褐色,蛹形で薄く,殻表は平滑で光沢がある。殻頂は鈍く,螺層は6階でややふくらみ,体層は殻高の5分の3を占める。殻口は卵形。本州の長野県以北および八丈島,北海道,さらに北極圏をめぐる寒冷な地域に広く分布し,林中下草の間にすむ。氷期には分布が南下していて,山口県秋吉台や沖縄県多良間島まで化石が出土している。ウシヒツジの肝臓に寄生する槍形吸虫中間宿主となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤマボタルの関連キーワードホタル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android