ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群(読み)ヤヴォルとシフィドニツァのへいわきょうかいぐん

世界遺産詳解の解説

2001年に登録されたポーランドの世界遺産(文化遺産)で、シレジア地方のブロツワフ市近郊に位置する。1648年のウェストファリア条約によって30年戦争(1618~1648年)が終わり、カトリックの支配が決定したシレジア地方で、プロテスタントはヤヴォルとシフィドニツァの福音ルーテル教会の教会堂を2つだけ建造することが許された。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はChurches of Peace in Jawor and Swidnica

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android