ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群(読み)ヤヴォルとシフィドニツァのへいわきょうかいぐん

世界遺産詳解の解説

ヤヴォルとシフィドニツァのへいわきょうかいぐん【ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群】

2001年に登録されたポーランドの世界遺産(文化遺産)で、シレジア地方のブロツワフ市近郊に位置する。1648年のウェストファリア条約によって30年戦争(1618~1648年)が終わり、カトリックの支配が決定したシレジア地方で、プロテスタントはヤヴォルとシフィドニツァの福音ルーテル教会の教会堂を2つだけ建造することが許された。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はChurches of Peace in Jawor and Swidnica

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android