コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤースカ ヤースカ Yāska

2件 の用語解説(ヤースカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤースカ
ヤースカ
Yāska

前6~5世紀頃のインドの言語学者。サンスクリット語の語源解釈学 niruktaで有名。ベーダ語の難解さが原因の一つとなって発展した語源解釈学の現存最古の書物の著者。パーニニ文法の資料の一つともされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヤースカ【Yāska】

古代インドの学者。前5世紀ころの人。生没年不詳。ベーダ伝承のための補助学(ベーダーンガ)の一つである語源学に関する唯一現存する書物《ニルクタNirukta(語源論)》を著した。ベーダ文献の中でも最古のものである《リグ・ベーダ》の詩句は,当時すでに意味不明の語句を含む難解なものになっており,そのような詩句を解釈するための語彙に関する研究は,ヤースカ以前からかなり行われていた。こうした研究の唯一現存する成果である《ニガントゥNighantu(語彙)》に対し,語源論の立場からヤースカが加えた注釈が《ニルクタ》である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヤースカの言及

【文法学派】より

…インドでは古くからベーダ聖典の解釈学の一部門として文法学が重視され,六つのベーダ補助学(ベーダーンガ)の一つとして確立された。ベーダ聖典研究としての語源学の先駆者としては前500年ころにヤースカが現れて《ニルクタ》を著した。現存する最古の文法学書は前5~前4世紀に活躍したパーニニの《アシュターディヤーイー》(別名《パーニニ・スートラ》)である。…

※「ヤースカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤースカの関連キーワードガウタマカピラカルハナバーダラーヤナプラセーナジットヤバナ鄒魯の学スンガインドアーリアン迦膩色迦

ヤースカの関連情報