ヤーノシュ

20世紀西洋人名事典の解説

ヤーノシュ
Janosch


1931 -
ドイツの絵本作家。
ツァボルツェ生まれ。
本名Horst〉 ホルスト〈Eckert エッカート
錠前工や織物工場でテキスタイルの下絵を手がけ、独学で絵本の仕事をし、1960年最初の絵本「ヴァレック」を発表。天衣無縫、なりゆき任せともみえるストーリーの展開の中に、一貫して弱者の側に立ち権力に疑問を投げかける作家の姿勢がうかがえる。色彩の美しさは抜群で、100冊もの絵本作品がある。他の作品に「おばけリンゴ」(’66年)、「ヨーザとまほうのバイオリン」(’61年)、「わにくんイングラウへいく」(’70年)、「くまのサーカスザンパーノ」(’75年)、「ねえパパは熊なんだよ」(’77年)、「パナマってすてきだな」(’78年)等がある。成人向きの小説も2冊ある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android