コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスティニアヌス法典 ユスティニアヌスホウテン

4件 の用語解説(ユスティニアヌス法典の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ユスティニアヌス‐ほうてん〔‐ハフテン〕【ユスティニアヌス法典】

ユスティニアヌスが編纂を命じた「ローマ法大全」の一部「勅法集」をさし、ハドリアヌス帝から534年までの勅法を集録。全12巻。→ローマ法大全

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユスティニアヌス法典【ユスティニアヌスほうてん】

ローマ法大全

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ユスティニアヌスほうてん【ユスティニアヌス法典】

ユスティニアヌスがトリボニアヌス(Tribonianus)らに編纂させたローマ法の集大成。「皇帝勅令集」「学説彙集」「法学提要」の三部、およびのちに編纂された「新勅法彙集」をも含めていう。ローマ法大全。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユスティニアヌス法典
ゆすてぃにあぬすほうてん
Codex Iustinianusラテン語

ローマ皇帝ユスティニアヌス1世が534年11月16日の勅法で公布し、12月29日から施行された勅法集。『ローマ法大全』の一部をなす。ハドリアヌス帝の勅法から534年の勅法までを採録する。これ以前、529年にすでに一度勅法集を発しているので、この『旧勅法集』Codex vetusに対して『改訂勅法集』Codex Iustinianus repetitae praelectionisとよばれ、ユスティニアヌス法典と略称される。編纂(へんさん)を指揮したのはトリボニアヌスであった。
 全巻は12巻に分かれる。さらに各巻は章に分かれ、各章中に同一事項ごとに発布年に従って勅法が配列される。各勅法には、発布した皇帝と受領すべき者の名前(前書)と発布年(後書)が付加される。この勅法集は現行法として用いられている勅法の集録で、各勅法は短縮され、相互の矛盾を除くようにしてある。おおむね、第1巻は教会関係の法と法源、ならびに官制を、第2~第8巻は私法関係のものを含み、第9巻は刑法、第10~第12巻は行政法関係の勅法を収める。[弓削 達]
『船田享二著『ローマ法 第一巻』(1968・岩波書店) ▽E・マイヤー著、鈴木一州訳『ローマ人の国家と国家思想』(1978・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のユスティニアヌス法典の言及

【ローマ法】より

…ローマにおいては,はやくも前5世紀中葉に包括的法典として十二表法が制定され,その後,ローマ人の実際的性格および長期にわたる政治的安定の中から独創的な形で法および法学が発展し,とりわけ,元首政の時代にきわめて高い法文化の花が咲いた。後6世紀東ローマ皇帝ユスティニアヌス帝によりそれまでの1000年を超える法発展がローマ法大全として集大成され,これによってその内容がわれわれに伝えられる。ヨーロッパ大陸の多くの国の中世・近世において,ローマ法大全が実定法の効力をもって広く妥当すると同時に,法学研究の最も重要な対象とされ,そこから近代法の基本的概念の数多くが形成され今日に及んでおり,このことからローマ法は,ローマ社会とその法のあり方を知るためのみならず,近代の法概念に対する理解を深めるためにも重要であるとされている。…

【ローマ法大全】より

…ビザンティン帝国(東ローマ帝国)ユスティニアヌス1世(在位527‐565)が制定発布した〈法学提要〉〈学説彙纂〉〈勅法彙纂〉および〈新勅法〉に対する総称で,ユスティニアヌス法典とよばれローマの法律および法学説が集大成されている。ビザンティン帝国における法学の復活を背景とする法学教育および裁判実務の要請に対応し,同時にローマ帝国の栄光の再興というユスティニアヌス1世自身の政治的文化的企図から,まず528年,彼は高級官僚(トリボニアヌスを含む)および若干の法学者によって構成される10名の委員会に命じて勅法の集成を行わせ,翌年完成・発布された。…

※「ユスティニアヌス法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユスティニアヌス法典の関連キーワード学説彙纂トリボニアヌスパウルス春木一郎ベリサリウスローマ法大全ユスティニアヌスユスティニアヌス[1世]グラティアヌス教令集ユスティナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone