コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスティノス[1世] Justinos I

1件 の用語解説(ユスティノス[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユスティノス[1世]【Justinos I】

450ころ‐527
ビザンティン帝国の皇帝。在位518‐527年。マケドニアの農民の出身でコンスタンティノープルの近衛部隊に入隊し,後に部隊長に昇進。アナスタシオス帝の死去により老齢かつ無教養ながら,他に適当な候補者がいないままに推挙を受け即位。アビシニア(エチオピア)のアクスム王国との関係を開いたりもしたが,その9年の治政の最大の業績は正統信仰の確立であった。先帝の異端的傾向(単性論)を修正し,異端の迫害を開始。ローマ教皇ホルミスダスと和解,ゼノン帝の〈ヘノティコン(統一令)〉に端を発したローマ教会との断絶(アカキオスの分離)に終止符を打った(519)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ユスティノス[1世]の関連キーワードテオドシウス鑞付貧血マルキアヌステオドシウスペルシア戦争佐藤 了青パト磐井の乱テオドラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone