コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスティノス[1世] Justinos I

世界大百科事典 第2版の解説

ユスティノス[1世]【Justinos I】

450ころ‐527
ビザンティン帝国の皇帝。在位518‐527年。マケドニアの農民の出身でコンスタンティノープルの近衛部隊に入隊し,後に部隊長に昇進。アナスタシオス帝の死去により老齢かつ無教養ながら,他に適当な候補者がいないままに推挙を受け即位。アビシニア(エチオピア)のアクスム王国との関係を開いたりもしたが,その9年の治政の最大の業績は正統信仰の確立であった。先帝の異端的傾向(単性論)を修正し,異端の迫害を開始。ローマ教皇ホルミスダスと和解,ゼノン帝の〈ヘノティコン(統一令)〉に端を発したローマ教会との断絶(アカキオスの分離)に終止符を打った(519)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユスティノス[1世]の関連キーワードユスティニアヌス[1世]ユスチヌス1世胆汁酸チトクロムプロコピウス[カエサレアの]ペイシストラトスユスチニアヌス1世闔閭シナイ半島テオドラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android