コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスティノス[1世] Justinos I

1件 の用語解説(ユスティノス[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユスティノス[1世]【Justinos I】

450ころ‐527
ビザンティン帝国の皇帝。在位518‐527年。マケドニアの農民の出身でコンスタンティノープルの近衛部隊に入隊し,後に部隊長に昇進。アナスタシオス帝の死去により老齢かつ無教養ながら,他に適当な候補者がいないままに推挙を受け即位。アビシニア(エチオピア)のアクスム王国との関係を開いたりもしたが,その9年の治政の最大の業績は正統信仰の確立であった。先帝の異端的傾向(単性論)を修正し,異端の迫害を開始。ローマ教皇ホルミスダスと和解,ゼノン帝の〈ヘノティコン(統一令)〉に端を発したローマ教会との断絶(アカキオスの分離)に終止符を打った(519)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユスティノス[1世]の関連キーワードデューク東ローマ帝国ビザンチン建築ビザンチン帝国ラテン帝国ビザンチウムビザンチン教会ビザンツ帝国ビザンチン式ビザンチン文化

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone