コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユッセ城 ユッセジョウ

2件 の用語解説(ユッセ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ユッセ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ユッセ城】

Château d'Ussé》フランス中西部、アンドレ‐エ‐ロアール県の村レニユッセにある城。ロアール川と支流アンドレ川の分岐点近くに位置する。11世紀の要塞が15世紀から16世紀にかけて増改築され、ゴシックルネサンスなどの建築様式見られるシャルル=ペローの童話「眠れる森の美女」のモデルともなった。ロアール渓谷流域の古城の一つで、2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ユッセじょう【ユッセ城】

フランス中部、ロワール地方の都市トゥール(Tours)近郊のレニユッセ(Rigny-Ussé)にある城。ランジェ(Langeais)駅から約18km、車で25分の場所にある。トゥールからは約35kmで、アクセスは車(タクシー)となる。ロワール渓谷にある古城群の一つで、童話『眠れる森の美女』の舞台になったことで知られる、シノンの森に囲まれたロワール川アンドル川の合流地点に建つ城である。城の始まりは、1004年にバイキングがつくった木造の砦で、15世紀に、その廃墟に城が建てられ、増改築を繰り返しながら、17世紀には現在の城の姿になった。東館が15世紀のゴシック様式、西館が16世紀のルネサンス様式、南館はルネサンス様式に古典様式の混在した建物で、さまざまな建築様式が混在している。現在はドゥ・ブラカス侯爵の私有邸宅となっている。他のロワール渓谷の古城群とともに、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユッセ城の関連キーワードツールーズルーベトゥールジャッククール宮殿バントゥー山フランスソワールラトゥールゴロワーズ・レジェールドラクロワ礼賛トゥーシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユッセ城の関連情報