コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユッセ城 ユッセジョウ

2件 の用語解説(ユッセ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ユッセ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ユッセ城】

Château d'Ussé》フランス中西部、アンドレ‐エ‐ロアール県の村レニユッセにある城。ロアール川と支流アンドレ川の分岐点近くに位置する。11世紀の要塞が15世紀から16世紀にかけて増改築され、ゴシックルネサンスなどの建築様式見られるシャルル=ペローの童話「眠れる森の美女」のモデルともなった。ロアール渓谷流域の古城の一つで、2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ユッセじょう【ユッセ城】

フランス中部、ロワール地方の都市トゥール(Tours)近郊のレニユッセ(Rigny-Ussé)にある城。ランジェ(Langeais)駅から約18km、車で25分の場所にある。トゥールからは約35kmで、アクセスは車(タクシー)となる。ロワール渓谷にある古城群の一つで、童話『眠れる森の美女』の舞台になったことで知られる、シノンの森に囲まれたロワール川アンドル川の合流地点に建つ城である。城の始まりは、1004年にバイキングがつくった木造の砦で、15世紀に、その廃墟に城が建てられ、増改築を繰り返しながら、17世紀には現在の城の姿になった。東館が15世紀のゴシック様式、西館が16世紀のルネサンス様式、南館はルネサンス様式に古典様式の混在した建物で、さまざまな建築様式が混在している。現在はドゥ・ブラカス侯爵の私有邸宅となっている。他のロワール渓谷の古城群とともに、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ユッセ城の関連キーワードシャトーグザイ粒子ユーエスエスユッセ城イフ城カーン城カン城サンスーシ宮殿シノン城シヨン城

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユッセ城の関連情報