コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニバーサリスト Universalist

翻訳|Universalist

デジタル大辞泉の解説

ユニバーサリスト(Universalist)

キリスト教プロテスタントの一教派。人類は終局的にはすべて神に救済されると説く。18世紀、英国に興り、米国で発展した。日本には明治23年(1890)に初めて伝道。その教会キリスト教同仁(どうじん)社団という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ユニバーサリスト【Universalist】

キリスト教で、普遍救済論者のこと。また、その教会。世界の終末には、全人類が神により救われると説く。特に一八世紀後半、英米で広まった。日本には1890年(明治23)に伝わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユニバーサリスト

普遍救済説」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユニバーサリスト
ゆにばーさりすと
Universalist

キリスト教プロテスタントの一派。人類は終局的には全部救われ、部分に限定されないという信条(普遍救済説Universalism)をもつ人のことである。ユニバーサリストはキリスト教徒のなかでは正統派から異端視されてきた。古代ではオリゲネスOrigenes Adamantius(185ころ―251以後)などが有名である。宗教改革後ユニバーサリズムの発展はイギリスを中心に各所にみられたが、とくにアメリカにおいて目覚ましいものがあった。マレーJohn Murry(1741―1815)はアメリカのユニバーサリスト教会の基礎をつくり、その後多くの州に教会と付属神学校をもつ大学が創立された。1961年にユニテリアン教会とユニバーサリスト教会とが合同して、ユニテリアン・ユニバーサリスト協会がつくられた。日本には1890年(明治23)にアメリカ人ユニバーサリストのペリンpelinの来日により広められた。当初は宇宙神教とよばれていたが、1909年に基督教同仁社団(キリストきょうどうじんしゃだん)Universalist Associationと改称され、その後同仁キリスト教会となった。2000年現在、会員数は50名である。[平本洋子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユニバーサリストの関連キーワードブラウンソン赤司 繁太郎ジェンダーブラウン同仁教会バルー英米終末

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android