コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユビキタスコンピューティング ubiquitous computing

デジタル大辞泉の解説

ユビキタス‐コンピューティング(ubiquitous computing)

ユビキタス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

産学連携キーワード辞典の解説

ユビキタスコンピューティング

「ユビキタスコンピューティング」(ubiquitous computing)とは、1989年にXerox社パロアルト研究所が提唱した概念で、我々の社会や生活のあらゆる所にコンピュータが存在し、コンピュータ同士が自立的に連携し、動作することによって我々の生活を強力にバックアップする情報環境のことをいう。「ユビキタスコンピューティング」研究から生まれた技術としてはカーナビゲーションシステム、ウェアラブルコンピュータなどがある。「TRON」を開発した東京大学の坂村健教授が「どこでもコンピュータ」環境の実現として、「ユビキタスコンピューティング」社会を提唱している。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ユビキタスコンピューティング【ubiquitous computing】

ユビキタスが実現され、あらゆる場所、あらゆる場面において、コンピューターの所在を意識することなくコンピューター(の機能)を利用できる環境を表す言葉。◇「ユビキタスネットワーク」に比べ、人間と機器の連携に着目して用いられる。⇒ユビキタスユビキタスネットワーク

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ユビキタスコンピューティングの関連キーワードubiquitous networkモバイルコンピューティングユビキタスIDセンターuコード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android