コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユルバン=デュボア Urbain-Dubois, Félix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユルバン=デュボア
Urbain-Dubois, Félix

[生]1818.5.26. バル
[没]1901. ニース
フランスの料理研究家。 A.カレームの職人的天才に対し,理論家的天才といわれた。『古典料理』 La Cuisine classique,『今日の料理』 Le Cuisine d'aujourd'huiをはじめ,"l'École de cuisinières"など多くの著作を残した。 A.エスコフィエは,彼の"Le Guide Culinaire"の序文に,ユルバンデュボアの『古典料理』に比肩しうる料理書はないと記している。司厨士協会の機関誌ともいうべき"L'Art Culinaire"のユルバン=デュボアの追悼記 (1901) には,19世紀から 20世紀への橋渡しをした名コックと記されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユルバン=デュボアの関連キーワードサウド家プロボクシングの階級広島東洋カープクレメンス[アレクサンドリア]公孫氏政権リン酸アンモニウム漢の時代(年表)伊賀(市)フォンタネージ梅暮里谷峨

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android