ユーリイ ガガーリン(英語表記)Yurii Alekseevich Gagarin

20世紀西洋人名事典の解説

ユーリイ ガガーリン
Yurii Alekseevich Gagarin


1934.3.9 - 1968.3.27
ソ連の宇宙飛行士
ソ連邦英雄。
ロシア共和国スモレンスク生まれ。
4人兄弟の次男に生まれる。1955年サラートフの工業学校卒業と同時にサラートフ飛行クラブの学習コースを終了。’55〜’57年オレンブルグの飛行学校で学ぶ。’60年ソビエト共産党に入党。’61年4月12日ウォストーク1号に搭乗し、1時間48分大気圏外を飛行、地球を一周して帰還。人類最初の宇宙飛行士となる。「地球は青かった」という言葉は有名。’61年大佐に昇格、ソ連邦英雄に称せられる。世界各国を歴訪し、’62年親善使節として来日。帰国後、宇宙飛行士の養成や訓練に努める。’68年3月ジェット機訓練中に事故死モスクワのクレムリン城壁に葬られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android