コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ化カリウムデンプン紙(沃化カリウム澱粉紙) ようかカリウムでんぷんしpotassium iodide starch paper

世界大百科事典 第2版の解説

ようかカリウムでんぷんし【ヨウ化カリウムデンプン紙(沃化カリウム澱粉紙) potassium iodide starch paper】

酸化剤の検出に用いられる試験紙の一つ。ヨウ化カリウム3gと可溶性デンプン5gを水に溶かして1lにした溶液にろ紙を浸し,これを乾燥したもの。湿った状態で微量の酸化剤と鋭敏に反応して青色を呈する。塩素,オゾン,過酸化水素などの検出,次亜塩素酸塩滴定の外部指示薬として利用される。【中原 勝儼】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android