ヨウ化カリウムデンプン紙(沃化カリウム澱粉紙)(読み)ようかカリウムでんぷんし(英語表記)potassium iodide starch paper

世界大百科事典 第2版の解説

ようかカリウムでんぷんし【ヨウ化カリウムデンプン紙(沃化カリウム澱粉紙) potassium iodide starch paper】

酸化剤の検出に用いられる試験紙の一つ。ヨウ化カリウム3gと可溶性デンプン5gを水に溶かして1lにした溶液にろ紙を浸し,これを乾燥したもの。湿った状態で微量の酸化剤と鋭敏に反応して青色を呈する。塩素,オゾン,過酸化水素などの検出,次亜塩素酸塩滴定の外部指示薬として利用される。【中原 勝儼】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android