ヨセフ・ジョン トムソン(英語表記)Joseph John Thomson

20世紀西洋人名事典の解説

ヨセフ・ジョン トムソン
Joseph John Thomson


1856.12.18 - 1940.8.30
英国の物理学者
元・ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学長。
マンチェスター郊外のチーザム・ヒル生まれ。
電子を発見したイギリスの物理学者で、ケンブリッジ大学で学ぶ。1884年同大学キャベンディッシュ研究所長となる。1905年王立科学研究所教授を経て、’18年ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学長。真空放電の現象を研究し、電子の存在を確立した。原子模型の考案(’03年)やカナル線の研究により質量分析器を作成し、ネオンの同位元素も発見。’06年ノーベル物理学賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android