コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨベルの書 ヨベルのしょBook of Jubilees

1件 の用語解説(ヨベルの書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨベルの書
ヨベルのしょ
Book of Jubilees

旧約聖書偽典の一つ。前2世紀後半の作といわれる。原典はヘブライ語で書かれ,エチオピア語訳,ラテン語訳断片がある。内容は,主なる神がシナイ山でモーセに契約の板を与えたとき,天地創造から『出エジプト記』 12章までの歴史を各 49年から成る 49ヨベルに分けて述べたものに著者がエッセネ派の律法厳守の立場から祭儀式や倫理について解釈を与えたもの。別名『小創世記』という。クムラン文書に本書のヘブライ語断片が発見され,またエチオピア北部のファラーシャ部族の間では正典と同様に重んじられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone