コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨルダン地溝帯 ヨルダンちこうたいJordan valley

2件 の用語解説(ヨルダン地溝帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨルダン地溝帯
ヨルダンちこうたい
Jordan valley

ヨルダンイスラエルの国境地帯を南北に延びている地溝紅海北部のアカバ湾から死海を経て,イスラエル北部のガリラヤ湖にいたる。幅は 15~20km。大部分が海面より低く,中央部にある死海の湖面は海面下 400mである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨルダン地溝帯
よるだんちこうたい

西アジアにある大地溝帯ヨルダンとイスラエルの接壌地帯にあたる。全長約420キロメートル、幅約10~40キロメートル。両側を比高800~1200メートルの断層崖(がい)で限られる。北半には南流するヨルダン川があって死海に達し、南半では死海に向かってアルバー・ワジが通じる。高度が低く、大部分は海水面下にあり、死海の湖面の標高マイナス396メートルは地球上の最深地点である。イスラエル領のヨルダン川上流域は低湿であるが、フラ湖の干拓をはじめ土地開発が進み、年降水量も550ミリメートルと恵まれるため、豊かな農耕地が広がる。ヨルダン領のヨルダン川下流域は、逆に極度に乾燥するが、ヨルダン川の支流ヤルムーク川、ザルカ川からの引水事業も進み、果樹栽培が盛んである。エリコ、ペラなど聖書にまつわる遺跡が多い。なお、地溝帯の南の延長は長さ約220キロメートルにわたって狭長なアカバ湾を形成し、さらにその先は紅海および東アフリカの大地溝帯へとつながる。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヨルダン地溝帯の言及

【パレスティナ】より

…背骨の南半はユデアJudea山地(ハリール山地al‐Khalīl Jibāl),北半はサマリア山地(ナーブルス山地Jibāl Nābulus)と呼ばれる。これら一連の山地の西側の裾は地中海にかけて幅の狭い帯状の平野をなし,東側は山地と平行するヨルダン地溝帯(死海湖岸は標高約-400m)に向かって深く落ち込んでいる。この山地の稜線沿いにナーブルス,エルサレム,ヘブロン(ハリール),ベールシェバ(ビールッシバー)などパレスティナの主要都市が形成された。…

※「ヨルダン地溝帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone