ヨーアヒム ヴァッハ(英語表記)Joachim Wach

20世紀西洋人名事典「ヨーアヒム ヴァッハ」の解説

ヨーアヒム ヴァッハ
Joachim Wach


1898.1.25 - 1955.8.27
宗教学者。
元・シガゴ大学教授
ケムニツ(後のカール・マルクス・シュタット)生まれ。
トレルチ、ハルナックらの影響を受け、諸宗教の解釈学に基づく宗教理解のみでなく、宗教経験とその表現分野である知的、実践的、社会学的連関構造を類型的に研究した。1929年にライプツィヒ大学助教授になったが、’35年にナチ政権に追われアメリカに移住ブラウン大学シカゴ大学の教授を歴任した。著書に「理解」(’26年〜’33年)、「比較宗教学」(’58年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android