コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーガバーシシュタ Yogavāsiṣṭha

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーガバーシシュタ【Yogavāsiṣṭha】

古代インドの哲学文献。別名を《バーシシュタ・ラーマーヤナVāsiṣṭha‐rāmāyaṇa》ともいう。インド二大叙事詩の一つ《ラーマーヤナ》に基づいて書かれたもので,バーシシュタVāsiṣṭha仙とラーマとの対話形式で論述が進められている。ヨーガの実践により至福に到達すべきことを主たる内容としているが,欲世からの遠離を賞揚せず,むしろ世俗生活にとどまることを勧め,布施や祭式が解脱に至る手段として必ずしも有効でないと主張し,聖典の説であっても条理に反すれば従うべきではないと説くなど,伝統的なバラモン教の教義を踏み出た見解が随処に述べられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android